2019年度マスターコース 7,8回目

皆様、新年明けましておめでとうございます!2020年の船越歯科歯周病研修会がスタートいたしました。

1月18日(土)、19日(日)に2019年度マスターコース(第29期)の 第7・8回目が開催されました。

1日目は船越先生のRidge Preservation Technique の講義からスタートです。

抜歯後の治癒過程で引き起こされる頬舌的・垂直的骨吸収を予防するために行う処置で、さらに一次閉鎖を行わないOpen Barrier Membrane Techniqueを症例とともに紹介していきました。

 その後、Ridge Preservation Technique を模型実習で習得していただきました。感染のリスクを避けるため、膜の設置方法や縫合がキーポイントとなります。

 

 また本日のライブオペは、上顎大臼歯部への上顎洞底挙上術・Future Site Development をご見学いただきました。

 今年最初の懇親会は『水炊き 長野』で、博多名物・水炊きをいただきました。寒い冬の時期の鍋は格別に美味しく、体が温まりますね。創業90年余の老舗で、博多に来た時はぜひ!予約必須です。

全員集合しての写真です!本当に大盛況でした!!

今回は3名の女性の先生方が参加してくださっており、副院長の柴戸先生(左上)と私、重永(右下)も一緒に記念撮影させていただきました。

とても笑顔が素敵な先生方で、いつも楽しい時間を過ごさせていただいてます。

2日目の午前はPRP(Platelet Rich Plasma)、L-PRF(Leukocyte- and Platelet Rich Fibrin) の実習です。採取した血液を遠心分離機にかけ、成長因子を多く含む高濃度の血小板を抽出し、歯周組織再生療法や骨再生療法等に応用するテクニックです。

副院長・柴戸和夏穂先生による講義・デモを行います。

真剣にメモをとる先生方。

そして採血の相互実習です。多くの先生方が学生実習や研修医の時以来の採血実習となるので、緊張気味ではありますが…

全ての先生方、問題なく採血実習終了です!!そして遠心分離機にかけたあとはPRPの抽出です。

活性化させたPRPにトロンビンを混ぜると・・・・完成!思わず笑みがこぼれます。

その後は、PRFおよびL-PRF Bone Blockの実習および実習デモを行いました。

PRFはPRPとは異なり作業工程が少ないため、テクニカルエラーも起こりにくく非常に使用しやすいです。

午後は軟組織におけるRidge Augmentationについて講義・模型実習を行いました。

 抜歯、外傷などの骨欠損等で歯槽堤が垂直的あるいは水平的に陥凹を生じている場合に対する整形外科手術です。ロール法、パウチ法、オンレーグラフト法、GTR法等、様々なテクニックがありますが、模型実習では上皮下結合組織移植Subepithelial Connective Tissue Graft(S.C.T.G.)を習得していただきました。

そして最後には『Periodontal Medicine & 新分類による歯周病診断』をテーマに、当研修会講師・米国歯周病専門医の安増一志先生による講義を行いました。

この新分類は、2018年6月にEuroPerio9で発表されたもので、2017年11月にシカゴで開催された『歯周疾患およびインプラント周囲炎の分類』に関するワークショップで米国歯周病学会(AAP)・欧州歯周病学会(EFP)が中心となって策定されました。

まだ日本では正式な日本語訳等が出ておらず、今後どのように臨床に導入されていくかが、とても興味深いです。

 次回は炭酸ガスレーザーおよびCorticotomyについて講義・実習を行う予定です。当研修会講師の山下先生、堀田先生、松延先生および特別外部講師の深沢先生にもご講演いただきます。来月も先生方にお会いできるのを楽しみにしております。

本年もスタッフ一同、皆様にご満足いただけるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。先生方のご健勝と益々のご発展を心よりお祈りいたします。

重永

2019年度 マスターコース 5,6回目

2019年12月14日(土)、15日(日)にマスターコースの第5・6回目が開催されました。今年最後の研修会です。

1日目は船越先生によるGTR(歯周組織機械的再生療法)・GBR(骨誘導再生法)について、講義を行いました。
ベーシックコースでも歯周組織再生療法を習得していただきましたが、さらにアドバンスの内容をエビデンス、症例とともにご紹介させていただきました。

また午後は、難治性歯周炎の講義および、その対応方法について習得していただきました。

講義終了後はライブオペです。今回は、下顎前歯部における遊離歯肉移植術後の、歯肉弁歯冠側移動術をご見学いただきました。

そして今年最後の懇親会の開催は、去年に引き続き『餃子 李』となりました。福岡では知らない人はいない程の有名店で、中国本場の餃子がが楽しめます!美味しいだけでなく、ボリュームも満点。

もちろん食べて飲むだけではありません。歯科の話や経営の話を含め、真剣に話す場面も見受けられます。

講義の中でだけでなく、こういった時でも普段の診療のヒントを得ることができるようですね。みなさま真剣に聞いています。

2日目は歯周組織再生療法の生物学的再生療法について講義後、

模型を用いて、Emdogain®︎と骨補填材を用いた歯周組織再生療法の実習を行いました。

先月に当院を退職され、今月12日に博多駅付近でご開業された高尾先生も、今月からは研修会講師としての参加となります。

先生方、みなさん真剣かつ楽しそうです。
今回はベーシックコース以来のスケーリング・ルートプレーニングも行っていただきました。

午後は当研修会講師である日本歯周病専門医・吉田茂先生にEmdogain®︎を用いた歯周外科処置を行う際の成功となるキーポイントについてご講演いただきました。

2019年の研修会はこれにて最後となります。

今年も残すところわずかとなりました。
当院は28日13時まで診療となっておりますので、ご質問やご不明な点等があれば、当院までご連絡ください。

2020年の研修会は1月18日のマスターコースよりスタートいたします。寒い日々が続きますが、風邪などひかれないよう皆様お気をつけください。

来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

重永

2019年度 ベーシックコース(B日程)9・10回目

2019年11月9日、10日にベーシックコースB日程の第9・10回目が開催されました。

1日目は、院長・船越栄次先生による歯肉歯槽粘膜形成術の講義からスタートです。

その後は模型実習にて、遊離歯肉移植術と両側歯間乳頭有茎歯肉弁移植術を行いました。

先生方みなさま真剣です。副院長・柴戸先生が手技のコツを説明しています。

実習終了後はライブオペにて、インプラント埋入手術をご見学いただきました。

 

夜の懇親会は博多リバレイン内の「博多の砦」にて、しゃぶしゃぶをご堪能いただきました!!

そして、最後の締めのご発声を、今回は特別にお二人の先生に!


懇親会を笑いの渦で締めてくださいました、ありがとうございました!

 

2日目は当研修会の講師である米国歯周病専門医・植田和弘先生による豚下顎骨を用いた歯周外科実習です。

部分層弁・全層弁でのフラップの翻転、歯肉を根尖側に移動させる際の縫合、歯肉整形や骨整形などを行う際の器具の使用方法やコツを習得していただきました。

やはり模型実習とは一味違い、先生方みなさん大変楽しそうに実習に臨んでおりました。

そして最後に4人の先生方に症例発表をしていただきました。
今回、多くの先生方に毎回症例をお持ちいただけ、私たち代診も非常に勉強になっております。

次回は機械的・物理学的再生療法についての講義・実習です。
当研修会はエムドゲイン認定コースとなっております。

ついにこのベーシックコースも次回で最終回です。
来月また先生方とお会いできるのを楽しみにしております!!

重永